葉酸サプリを摂ると得られるメリットとデメリットについて

葉酸サプリのメリット
その名前の通り、葉酸サプリは葉酸がたくさん入っているサプリのことです。葉酸はビタミンMとも呼ばれるもので、水溶性ビタミンの一種です。

この葉酸のたくさん入った葉酸サプリをとることで得られるメリットはたくさんありますが、その中でも最大のメリットが、妊娠中の胎児を守る効果があることです。

妊娠中葉酸が不足すると、胎児の成長に悪影響が生じ、ひどい時には神経管の閉鎖障害が起こることがあります。

それ以外にも、無脳症など各種の先天性異常が起こる可能性がありますが、それらの異常を防ぐ効果が葉酸サプリにはあるので、妊娠中の人がサプリを定期的にとることで、リスクを減らすことができます。要するに、葉酸サプリは胎児を守ってくれる優良サプリなのです。

こう聞くと、じゃあ葉酸サプリは妊娠中の人以外が飲んでも意味がないサプリなのか、と思われるでしょう。

もちろん、そんなことはありません。妊娠中でない女性や男性が飲んだ場合にもメリットがあります。それは、貧血や免疫機能の弱体化を防げることです。

体が弱い人の中には、よく貧血になったり、免疫が弱くなって風邪を引く人がいますが、このサプリを飲むことでそれらの辛さを改善することができます。

特に、免疫機能の強化はどんな人にとっても役立つ効果なので、風邪をひきたくない人、健康維持に気を配っている人は葉酸サプリを飲むといいでしょう。

妊娠中の人を筆頭に、万人の健康改善に役立つのが葉酸サプリですが、このサプリ、飲むことによるデメリットはないのでしょうか。

実は、飲むことによるデメリットがひとつあります。それは、必要以上に葉酸を過剰摂取した場合、吐き気をもよおしたり、食欲がなくなったりすることです。

それ以外にも、熱が出たり体が痒くなったりするので、葉酸サプリを飲むときは、たくさん飲むと効果があるだろうと考えて過剰摂取せずに、決められた量だけを飲むようにしましょう。

決められた量だけ飲んでいたら、大量に野菜を食べたりしない限り、葉酸の過剰摂取に陥ることはないので、必要以上に副作用を恐れることはありませんが、サプリをあまり飲みすぎると健康を害するということだけは覚えておきましょう。

それ以外に、これといったデメリットはないので、葉酸サプリはデメリットがほとんどないのにメリットが多い、優れたサプリだということができます。

妊娠中の人なら、自分の健康のため、そして胎児の健康のためにも飲むべきですし、そうでなくても、健康維持のために飲むべきだと言えます。なので、財布に余裕があるなら出来るだけ葉酸サプリを飲むことをお勧めします。

妊活女子に人気の葉酸サプリとは?